アイドルに光あれ!

2次元・3次元のアイドルへの思ったことを書くだけです

アイドルマスターSideM 2ndLIVEにいった感想。【Shining Side】

2ndLIVEから1週間経ってようやく落ち着いてきたので、記憶ぶっとんでるけど、セトリ順に聞いて色々思い出しながら感想を書いていこうと思います。記憶もなければ語彙力もないです。というかレポとか書いてるPさんたちの記憶力本当すごい。ほぼない。

1日目は2つある担当のうちの1つ、F-LAGSがでます。リリイベとかこまめに行けないので、生で見ることに賭けてました。

SideMの現場は1回目のドラマチックミーティング(公録)で、その時はもう一つの担当であるBeitが、恭二が不在で全員そろってなかったんです。忙しいから仕方ないのだけど。それ以降はLVから見守っていたわけです。

だから、初めて担当全員が揃ってステージに立っているのを生で見られるわけです。

いつもMマスの現場だとチンパンイベンターみたいな感じで、大閃光折ってバルログしてるようなPなんですけど、今回は地蔵Pになろうと思って光物一切持って行かなかったです。担当推しタオル引っ提げていきました。

 

Beyond The Dream

もうすでに記憶がないですが、とりあえず担当が歌ってるのはわかりました。もうステージがキラキラしてるんですよね。「ハートをつれだして」の所、振付でハートかいてて可愛いなあと思いながら\みんなのイエロー!/してました。

あとやっぱりF-LAGSが歌ってるの見ると、それだけでもう泣けてくる。先生が、涼ちんが、大吾がステージに立ってみんなと一緒に歌って踊ってる。それだけでもう泣けてきました。

 

DRAMATIC STARS

STARLIGHT CELEBRATE!

何度も聞いた曲。私のSideMはJupiterとドラスタの曲を試聴で聞いたところから始まったんだ。本来ならUOなり大閃光なり折るところを、手の振りだけでにしてました。でもイベンターだった。地蔵Pの面影なんてなかった。

やっぱりSideMのセンターはドラスタやん……て思うような凄いステージ。なんか、なんかもうユニット1発目にブチ上がるって感じで、ライブのテンション引っ張り上げてくれた気がする。

THE FIRST STAR

ソロはどうせ来ないだろう~~~と思ってたワイP、ソロの流れにめんたまが飛び出そうになった。実を言うとオリピは全体的にそこまで聞いてなくて、聞いてるやつと聞いてない曲の差が尋常じゃなかったりする。これほどまで予習してないのを後悔した日はないと思った。予習って大事ね。

そして天道輝からはじまるこの。てんてるが一番星を目指すように、明るく光り輝くたびに、その輝きに元気をもらってるよ、って思いながら聞いてました。どセンターの眩しさは違うな。あとダンスがスゴかった。益山さんもちばしょーも、Da値やばいし、しゅうごもDa値やばいからもうダンスが、みんな赤って感じのダンス。伝われ。

Because

イントロ、青、正面が真っ二つに割れてその間から桜庭薫が歩いてきた。知り合いの内田雄馬推しPのことを思い出して気絶してないだろうかと心配になった。

歌唱はさすがです。すげえ、すげえ。しかでない。圧倒される。あのくろーくんで鎮まった心が、静かなんだけども熱い思い的な。静かなんだけど内側がものっすごい熱い固まりがあった。

DRAMATIC NONFICTION

ここから衣装チェンジしたかな?

イントロのデーデーデーッデレレッみたいなところで、柏木翼のターンが来るたび敬礼をしている私です。CD音源以上のものを聞かせるドラスタ君にも敬礼。歌とダンスと凄すぎる。歌うたびにパワーアップしてそうで怖い。

MOONNIGHTのせいにして

よくわからなかった。各所で大閃光やらUOが折られてた。もう何も覚えてない。奪われた。軽率にホイホイしそうになった。

 

FRAME

勇敢なるキミへ

コールしてたのは覚えてる。手でサイリウムと同じような振りをしてたのも覚えている。\FRAME/したのも覚えてる。ただ、現地で見るからにはどんなに遠くてもビジョン?モニター?じゃなくて、本人を見ようと思ってたから、ほぼほぼスクリーンは見ていなかった。表情とかほぼ覚えてない。動きが凄かったのはわかる。

あと増元さんの腹の底に響き渡る低音すこ。

Happy-Go-Unlucky!

龍くんがめちゃくちゃ笑顔だったことは覚えてる。あとすげえ元気だなって思った。これも聞いてないの後悔した。バックダンサーの麗さんが可愛かったのを覚えてる。

MISSION is ピースフル!

トロッコ。トロッコ!?ってなったよ。ジャケ写……再現ありがとう……。

パンケーキィボイスすごかった。めちゃ甘だよ。そしてボール投げてたよ。アイドルかよ……。アイドル見に来てるのに、アイドルってことをしばしば忘れてるんだよね。

信玄さんの投げたボール、手に当たったんだよ。つかめなかったんだよ。身長が高ければ取れたのに。自分の身長を恨んだ。今後もFRAMEの話が身内で出るたびに思い出しそうで悲しい。

ニチアサ感満載。ファンサの鬼。笑顔見れました。すごいキラキラしてた。

 

F-LAGS

夢色VOYAGER

曲が始まる前に汽笛が鳴って、その時点でF-LAGSが来るって気づいたし、なんなら「1stのS.E.Mのチャイムみたいに汽笛鳴らすでしょww」なんて言ってたから、本当に鳴ると思わなくて、連れの友人に「ヤバイ、ヤバイ、担当来る」ってずっと言ってた。もはや独り言みたいに繰り返してた。

3人が現れて出航したとき、もう感情がぶわってでてきた。涼ちんの歌が聴こえてくる。知らない間に元気もらってるのはこっちやで……。

BE HAPPYした。

1番歌い終わった段階でもう涙腺は決壊寸前なのに、涼ちんの「こころは正直さ~」九十九先生の「なのにね厄介だ/仮面をかぶって」のところでもう、P、大号泣です。無理。そして追い打ちかけるように大吾の「本当の僕を隠していた」でもうタオルでひたすら涙拭いてる。泣くような悲しい曲じゃないのにね。

F-LAGSに出会えたことで、間違いなく私の毎日はトキメキに満ちてる。間違いない。

With...STORY

「諦めないよ」この第一声で私の涙腺はまたしても崩壊した。

F-LAGSの物語は、まさにここから始まるんだなって感じで聞いてました。

3人がそれぞれのパートを歌うたびに涙がボロボロ出てきて、ステージが見れない。

トリコロール作るって知ってたけど、光る棒買わなかったP、現地にいたのにトリコロール参加できず。というか涙でもう会場がトリコロールで綺麗とか思ってる余裕なかった。3人が喜んでるとか、これからも頑張ろうとか色んな思いが巡ってつらかった。

 

Altessimo

The 1st Movement~未来のための二重奏~

アルテ曲って、初めて聞いたときからどうなるんだろうと思ってたけど、間違いない。これは地蔵曲である。

サイリウム持っていなくても手を振ってたのに、完全にアルテの曲は2曲とも地蔵Pだった。もう棒立ちよ。歌唱で圧倒される。2階席だったのにビリビリくる。なんか神々しくてすごかった。故に記憶がない。

Never end「Opus」

上でも言ったように、アルテは地蔵曲なんです。棒立ちでした。

二人の圧倒的歌唱力と2人の圧がビリビリくるの。マジで。特に都築さん。これはVo値振り切れててもおかしくない。

「なぐさめあえる人じゃなくて」からはじまる二人の掛け合いの歌が、本当にすごい。次のワードに行く度に熱さが増していく。アルテってもっと神々しくて爽やかに涼しげに歌ってるイメージだったから、こんな熱いのかと。驚きました。

 

Legenders

Legasy of Spirit

聴聞いたときから今までのMマス曲と毛色違い過ぎじゃない!? かっこいいかよ!!とか言ってたわけなんですけども、生歌やばい。

イントロのティーティーティーティロリティロリーみたいなところが好き過ぎて頭振ってました。

雨彦推しのP、推しがステージ上で歌っててびっくりしたよ。雨彦がステージに居るよって。ステージで歌って踊ってるよ。って。F-LAGSのをいまだに引きずってて記憶が曖昧で本当に覚えていない。

String of Fate

これ、注目するべきは腰ですよ。まぁ見た方はわかると思うんですけど。雨彦の腰くっそエロいな、と思いながら見てたんです。その次に想楽くんに目をやったわけです。もうね!エロさじゃないんだ。想楽くんの腰、完全にアイドルのそれですよ!いやみんなアイドルなんだけどさ!動きがアイドルなんですよ!

「う、うわ~~~~!!!!アイドルだ!!!!!!!」

だったよ。あれは間違いなくレジェのセンター北村想楽だった。

 

神速一魂

俺たちの最強伝説~一世一代、破羅駄威棲!~

ここらへんから気を持ち直した。コールで楽しんだ曲だった。ライブバージョン楽しい。\グッスマ!/でブチ上がったからクソイベンターの血は残ってた。グーで手振ってた。これはゴリラになるしかねえと思って、黄色い歓声というよりかはオイオイオスオスいってた。必殺技、めっちゃかっこいいッス……。

バーニン・クールで輝いて

神速の曲はコールが楽しいな~~~~!泣いてたのも気持ちの切り替えにすごいいい。テンション上がるし気持ちもブチ上がるし、コール曲楽しい。

あと神速だけ手をグーにして振ってしまう。朱雀も玄武もめちゃかっこいいんだよなあ。

神速P、特攻服刺しゅう入りでめっちゃかっこよかったよ。凄いです。

 

和風堂々!~WAnderful NIPPON!~

これまたコールが楽しい。

セイッセイッのところとか、一緒に振付踊ってた。サイリウム持ってないと楽に振付一緒にできるな、と思うし、色の切り替えとかポッケやバッグから取り出すときステージから目を離さずに済むと思った。楽しいです。

山下大輝プロすごい。にゃんす以外の翔真さんもくろーくんも、CDよりパワーアップしてたよね?凄い。あとアイメイク入ってたかな。似合うなあと。お面もあったよね。凄いなあって。さっきまでオラオラ言ってたのが一気に彩一色になった。

ぴんとこな~蝶よ華よ~

申し訳ないんだけども、そこまで聞きこまなかった曲。ガッツリ聞くのはライブが初めてくらいの勢い。本当申し訳なかった。ソロに圧倒された。翔真さんもといバレちゃんめっちゃ綺麗だなあって思いながら聞いてた。

だいぶ・いんとぅ・にゅ~・わあるど!

山下大輝プロ……。キリオの特技の形態模写を取り入れるために、みんなのソロの動きだったかな。入れようと思いつく山下プロ本当すごい……。

あとコールがてんつくてんつく凄かった。後ろの方は彩Pか予習してきたPさんだったか、めっちゃコールすごかった。愛のこもったコールされてた。

流るゝ風の如く~和敬清寂~

始まった瞬間、綾鷹が飲みたくなった。

バックダンサーが居ない、ガチソロでくろーくん頑張れ、と思ったのは私だけではないはず。堂々としていて、動きが優雅で、綺麗だった。翔真さんもそうだけど、美しいなと感じながら彩は聞いていた。心が浄化された気がした。

喝彩!~花鳥風月~

彩は振付が楽しいね。コピりたくなる振付です。

「花と舞え~」あたりのところとかワッショイのところとか、振りがわかりやすくてありがたい。ムンナイで奪われた後で、穏やかな気持ちになりました。彩には心を穏やかにする性質があるのだろうか。

 

High×Joker

JOKERオールマイティ

こっちか~~と思いながらタオルを取り出して振りまくる。6月に行われたチアリングの時はLVで、その時もタオル回してたけど控えめに。でも今回はせっかく現地だし、と思って遠慮なくタオル回した。こういう曲はもれなくイベンターの血が騒ぐ。

タオル回しとコールとクラップと、1曲でいっぱい盛り上がれる素晴らしい曲だと思う。しかも5人だから数的な熱量が凄い。熱い。

サイコーCOUNT UP!

まさかのバックダンサー増元さん。笑顔大好きなのでブチ上がりました。

そしてのがみんまじ伊瀬谷四季……。四季も可愛いし、バックダンサーの3人も可愛いし、なんだこのみんな可愛い空間は!!

めっちゃいい曲だし予習してなかったの勿体ない1曲。

OUR SONG-それは世界でひとつだけ-

サビの振付が可愛かったのを覚えてる。あとスタンドマイクでしたね。あの振付のためのスタンドマイクかと思うといい。F-LAGSの後で涙がやばかった。引きずって上手く聞けなかった。

HIGH JUMP NO LIMIT

何度も聞いただけにダンスとかも余裕もって見れたのではないだろうか。(サイリウム振ってないし)

やっぱりハイジョだわ~と謎の再確認してました。皆の表情とか覚えてないなって思うのは、スクリーン見てないからだなと思い返した。

夜空を煌めく星のように

総勢8人という大所帯はやはり迫力がありますね。好きな曲だけにすごかったのに、曲を聞きなおしても記憶がまるでなくて飛んでる。故に感想が出てこない。私の意識あったのかな。

 

DRIVE A LIVE/Beyond The Dream

あ~~~これこれ!って感じで落ち着く感じです。赤文字で「実家のような安心感」って出したいくらい落ち着く感じ。コールも入れて、そんでもってそろそろ終わるんだなあって思いもあって。半分の人数だったけど、本当に嬉しかった。315プロ集まったなあと。

終わりのビヨドリはひたすら手を振ってコールして、って感じでした。

 

感想部分、記憶がないから覚えてるところしか感想が出ないのだけど、やっぱり旗と偉人。三瓶さんが、SideMに来ない未来もあったんだろうな、という口ぶりで、でも、それでもSideMを選んで涼ちんを続投してくれたことに心から感謝した。

最初は三瓶さんに続投してもらいたい気持ちと、男性ばかりのSideMに女性が入ることによって、この男子の集まりの空気感が変わらないかなって思ってた。もうそんな次元じゃなかったんだ。そんなこと考えてた自分を、今ならぶん殴るね。

三瓶さんが涼ちんを続けてくれて本当によかった。重みが違った。F-LAGSの担当をしていて良かったと、そしてこれからもよろしくお願いします。という気持ちだった。

Legendersは笠間さんの言葉に、旗で出てきた涙がまたどばどばあふれた。

追加ユニットで受け入れてもらえるかどうか怖かったって言ってて、雨彦来てくれてありがとうだったし、自分が選んだアイドルを受け入れないわけがないんだよね。

笠間さんの言葉選びは、発表の時からもうツボだったのだけど、本当に雨彦を演じてくれてありがとうございます。お前さん、これからも頑張るよ……。

「雨彦掃除してーーーーー!!!!!!!!!」

 

本当に記憶がないです。1日経っても1週間経っても記憶がないです。記憶を思い返せないので、何らかの力が働いてセカライのBD明日には発売しないかな。

担当と推しと声優の推しが集まりまくったBrilliant Sideは後日また感想あげます。本当にこの2日間は世界で一番楽しいお仕事だったに違いない。プロデューサー、仕事楽しいからこれからも営業頑張ります。

アイドルマスターSideM 2ndLIVE

運良く、両日参戦できるということで、到着いたしました。幕張。

 

キラキラ輝くアイドルをいっぱいみて堪能してこようと思います。

光り物一切無しのスタイルで地蔵キメるか、イベンターしてると思います。

 

感想はまた後日落ち着いてからにしたいと思います。

それでは、参加される同僚さんよろしくお願いいたします。

MARGINAL#4 第2話「魂から計測(はか)るスターバースト」 感想

 

※ネタバレを含みますのでご注意ください

 

 

目次

 

OP

1話の最後に流れたOP。曲の前にマジフォーちゃんのいつもの掛け声である、

「MARGINAL#4! 銀河の果てまでキス一丁!」「\喜んで!!!!/」

というのがあるんですが、正式にOPに移った時もこれ残ってて。このコール&レスポンスがマジフォーちゃんだなあと少ししみじみしました。

あとやっぱり推しが動いてる姿を見ると感動します。

 

新曲の歌詞について

新曲の「忍‐Just A 絶頂(HEAVEN)‐」の歌詞「危ない予感/だけども戻れない二人/重ねた肌触れた瞬間/カラダ駆け抜ける電撃」(正確な表記は発売されたら修正します)

の表現や感情がいまいちわからないアトム。

ジェミニも助け船を出すもののいまいちピンとこず……。頭では理解できるというルイくんは、そんなアトムや一緒に悩むジェミニに呆れています。

この頃のルイくんは、同じグループでやっていると言えども、まだ3人の中には馴染めていないような感じがあります。クールというより冷めてるといった印象のほうが近いかも。

アトムの家に移動しても結局納得できる答えは出ず。

大事な仕事の時は必ず履いているという勝負パンツ「シューティングスター」をはいて、身体測定と同日にあるレコーディングに臨むことになります。

 

身体測定と勝負パンツ

身体測定で各々レベルアップしていたMARGINAL#4の4人。身体測定も終わり、着替え、学校まで迎えに来てくれるというマネージャーのユエちゃんを待ちます。

しかしここで問題発覚。身体測定はジャージに着替えて行われていた。保健委員のアトムは最後に帰ってきたのだが、アトムの机の上にあった制服がない!

しかもパンツも一緒に脱いでいた!!!

聞けばアトムは小学生の頃から、身体測定はノーパンで挑んでいたとのこと。なぜ周囲は誰も言わなかったのか。

勝負パンツがないと、この後の大事な新曲のレコーディングが台無しになってしまうかもしれない。そう思うアトムと、「勝負パンツは所詮プラシーボ効果」と現実的なルイくん。「アレがないとだめなんだ」そう言ってひかないアトムに呆れて、一緒に探すことはしません。

残りの3人で必死に推理をしてみて、結局校内をガムシャラに走り回るしかないかと思っていたところに、ルイくんが。なんと近くのコンビニにパンツを買いに行っていたようだ。ブリーフしか無く、ノーパンより落ち着かないアトム。

そしてルイくんのクラスの保健委員は「最後に帰ってきたけれど制服だった」ことを聞くと、アトムが「測定が終わったら保健室で着替えるように、って言われてたの忘れてた……

制隣のクラスの保健委員が、制服を自分の分と一緒に保健室に運んでくれていたことを思い出して保健室へ向かうと、そこには制服が。

しかし勝負パンツがない。

教室から保健室までの道を歩いていると、木に引っ掛かった勝負パンツ「シューティングスター」が。何とか取ろうとするも、あともう少しのところで風に飛ばされてしまう。この様子を教室から見ていたルイくんは、3人がワイワイやっているのが少し羨ましそうなのも印象的です。

風で飛ばされた勝負パンツを追いかけるも、風に乗ってどんどん流される勝負パンツ。金網の向こうに行ってしまったら、もう絶望的だ。そんな時。

ローラーブレードに乗って現れるルイくんが!!!

※ルイくんの趣味はローラーブレード

金網の手前でたかく跳び、なんとか勝負パンツを掴むことに成功。しかしローラーブレードが金網に当たって体勢を崩してしまう。それを見たアトムはルイくんをかばうためにジャンプ。脚力どうなってるんだ。

そのまま金網の向こう側に二人そろって落下。アトムはルイくんをかばった為に背中から落ち、肩をぶつけてしまう。痛そう。

でもその落下のおかげであの歌詞の意味が分かった! と嬉しそうなアトム。

 

ED

そしてマネージャーのユエちゃんが迎えに来たという連絡が入り、新曲のレコーディングへ。

毎週EDが変わるのもこのアニメの見どころの一つです。

今までのマジフォーちゃんの曲とはうって変わって、「和ロック」な今回の「忍‐Just A 絶頂(HEAVEN)」は、ちらほら見かける「ラグポ感ある」というコメントなどからもわかる通り、本来ならこのテイストは先輩である「LAGRANGE POINT」が担当していそうな曲。

それをマジフォーちゃんが担当するということは、Rejet Fesのスローガンでもある「CHANGE」、つまり変化にもかかっているのだろうか。

今回も勿論ダンスパートがあるのですが、今回はCG無しの模様。忍をモチーフにした赤と黒の衣装を身にまとった4人がかっこよく踊ります。ダンスの振付も忍を意識したような振りが多く、小道具として小刀があります。使いこなしていてカッコイイ。

 

正直、マジフォーちゃんの曲や衣装については好き嫌いが激しいので、どんなもんかと思っていたんですが「WeMe!!!!」に続き、良さげです!!!

笛の音や刀の音なんかも時々入ってきたりして、スピード感のある和ロックは、元気なきらきらしたマジフォーちゃんとは真逆に、少しアダルティな感じすらあります。

とても驚き。最近のシングルは可愛い系が続いていただけに、驚きがとても大きいです。

 

TVアニメ「MARGINAL#4 KISSから創造(つく)るBig Bang」ED曲 「忍-Just A 絶頂(HEAVEN)-/MeltyLoveCooking-」

TVアニメ「MARGINAL#4 KISSから創造(つく)るBig Bang」ED曲 「忍-Just A 絶頂(HEAVEN)-/MeltyLoveCooking-」

 

 

 

公式サイトを見てみると、次に発売されるシングルはラグポ先輩が歌っているので、3話はラグポ先輩が出てくるのかなぁ、なんて考えています。タイトルが「革命(Revolution)XX」なので、ラグポ先輩にとっての革命的な曲になるんだろうか……。

3話も楽しみです。早く見たいです。

 

TVアニメ「MARGINAL#4 KISSから創造(つく)るBig Bang」ED曲「革命(Revolution)XX/Mr. StarrySky」

TVアニメ「MARGINAL#4 KISSから創造(つく)るBig Bang」ED曲「革命(Revolution)XX/Mr. StarrySky」

 

 

余談ですが、マジフォーちゃんのアニメ、円盤をどこで予約しようかなと思って絵柄が出るのを待っているんですが、いくつか「描き下ろし」ってあるんですよね。アニメの絵柄なんだろうなぁと。

ソフマップの前を通ったら、円盤予約シートが出てて、「ソフマップはそういやなんだろうな」とみ返したら、描き下ろし全巻収納BOX。しかも店頭で見たときはキリシマ先生描き下ろしとあったはず。

でもサイトみたらアニメイラストって書いてあって「ん?」となったが、まあいいでしょう。BOXは何店舗か出すんですけど、どれか一つでもキリシマ先生描き下ろしにしたらそれにしたんだけどなあ……。仕方ないですね。

1巻のジャケはまだ出てませんから、どんなものになるのか楽しみですね。

 

 

 

マジフォーの楽曲について思うこと。

※思ったことをただひたすらに書いていきます。文句もございます。1ファンの意見として捉えられる方のみ、このままお読みください。

 

 

前置きまでして、昨日、アニメの感想をあんなに褒めて書いた人間とは思えないかもしれませんが。友人から勧められてRejet、ひいてはマジフォーちゃんを応援するに至りました。

最初は「凄い…ルビが無きゃ読めない歌詞だ…」とか曲中に入ってくるリップ音に、二次元アイドル=うたプリの方程式が出来上がってた私は、とても驚きました。

マジフォーちゃんにハマったのも、プリライ後1週間くらいのことでしたから、なおのこと「うたプリ」とはまた変わった方向性のアイドルにびっくりしたわけです。

PVを見てハマって、当時は確か『Bingo!!!!』まで出ていて、スタクラ2が出るまでの、間の期間でした。

 

MARGINAL#4「Bingo!!!!」(アトム・ルイ・エル・アールver)

MARGINAL#4「Bingo!!!!」(アトム・ルイ・エル・アールver)

 

 

MARGINAL#4 THE BEST 「STAR CLUSTER 2」(アトム・ルイ・エル・アールver)

MARGINAL#4 THE BEST 「STAR CLUSTER 2」(アトム・ルイ・エル・アールver)

 

 アルバムが出るのなんてその当時(2月)では知りもしないし、とりあえず好きだと思った曲から買って行こうと思って、順番なんかめちゃくちゃに買ったわけです。スタクラ2は、アニメイトタワレコなんかとのコラボもありまして、ラグジュリ発売もあったので、1.2か月で大量にCDを買う羽目になったわけです。

この頃から確かRejetはスタジオも自前というか、今までとは別のところで録音やらなにやらをしていた覚えがあります。その切り替えにあたったこの『スタークラスター2」(略称:スタクラ2)は、私のiPhoneやPCかはたまたイヤホンの性能が良くないのか、音がシャリシャリして聞こえるんです。謎のノイズが若干乗ってる、みたいな。新曲だけそうなので、きっと何かがだめだったんだろうな。

また、ここからジャケットがキリシマ先生描き下ろしではなく、別チームが引き継いでます。この時点で「キリシマ先生じゃない」ということに残念ポイントがあるんですが、次の『UFO』。

 

MARGINAL#4 「UFO」 (アトム・ルイ・エル・アールver)

MARGINAL#4 「UFO」 (アトム・ルイ・エル・アールver)

 

 これに関してはなんか衣装は「どうしてそうなった?」感が凄く、ついていけねえと思いました。自分が好きになってから初めてのシングルだというのに。

『Yo-Ho!!』も『Ⅳ AILE』もいまいちささらないまま、ベストアルバム『スタクラ3』が出るわけです。ささらない物の詰め合わせみたいな感じです。新曲もいまいちささらないです。でもこれをRejetshopで他の「ラグジュリⅡ」「ユニメイト」と合わせて買うと、全体曲のフルバージョンCDが特典でもらえるんです。買わないわけにはいかなかった。

ルイくんの誕生日にお祝いの手紙をおくったりもして、そこにできることなら全体曲やシャッフルユニットやソロなどお願いしますと書いて、たくさん要望が集まった結果の全体曲でしょうから、買わないわけにはいかなかったんです。待ち望んでたし。

結果はそれほど聞いてないのが現状ですけど、逆にそれはいつでも聞ける準備があるということで。

そのままシャッフルユニットにリリースが続いていくわけです。シャッフルユニットを作ってくれと書いた身ですし、ピタドルの推し全員が集まってるNEBLASもいますから、聞かねばならぬと思って聞いたわけです。試聴やらなにやらもワンコから重ねて聞いたんです。

気持ちが動かないとはこの事か。

スタクラ2以前の曲をあんなに楽しく聞いていた自分はどこに行ったんだ?

そう思うくらいでした。楽曲に惹かれないのが悲しくて仕方なかったです。でも一概に楽曲が刺さらなかったというだけではなく、他のアイドルの曲を聴いていてそっちの曲のほうが頭に残る、インパクトがあるというのも大きな影響でした。

シャッフルユニットは2016年の4月から始まりました。もうそのころには「アイドルマスターSideM」が着実にCDをだし、「あんさんぶるスターズ!」「アイチュウ」「アイナナ」山ほどアイドルはいます。

中でも「ツキプロ後続」の曲がドンピシャすぎました。

そんな色々な要因が積み重なった結果、シャッフルユニットには一切ノータッチで今のところ来てしまっています。そんなわけにはいかないですから、集めると思いますが。

でもRejetには他にもアイドルがいるんです。

 

FORBIDDEN★STAR Epicurean 1st 「Check it Love!」(ケラ・ロミオ・サエ・ノゾミver)

FORBIDDEN★STAR Epicurean 1st 「Check it Love!」(ケラ・ロミオ・サエ・ノゾミver)

 

 略称「ふぉびすた」の「Epicurean」というグループです。メンツで言えば、寒色組が変わっただけで、声優の違いはあまりありません。声優で聞く、聞かないは若手にいたってはほぼないです。

Epicureanや他のグループもシャッフルユニットと同時期に発売でした。同社アイドル同士を同時期に発売ブッキングってちょっと何言ってるのかワカラナイデスネ……くらいの気持ちでいたんですが、この曲が思いのほか頭に残る。

これはあたりだなと思いました。2ndの「Dream on Stage!」も買いました。

 

FORBIDDEN★STAR Epicurean 2nd(ケラ・ロミオ・サエ・ノゾミver)

FORBIDDEN★STAR Epicurean 2nd(ケラ・ロミオ・サエ・ノゾミver)

 

 マジフォーちゃんとEpicureanを比べてみると、ジャケの違いがありますよね。絵師の違いということではなく。これは初期のものにも言えるのですが、4人を並べるといっても色々あるわけですが、マジフォーちゃんは真正面から撮るのがほとんどです。ふぉびすたは2ndのほうを見て頂けるとわかる通り、あおりや俯瞰もしくはカメラが真正面じゃないものがあるんです。

FORBIDDEN★STAR XYZ 2nd(ソーマ・キルナ・ライラver)

FORBIDDEN★STAR XYZ 2nd(ソーマ・キルナ・ライラver)

 

 だけど、マジフォーちゃんはいつもとくにスタクラ2以降は横1列でした。ベストアルバムが来てちょっと変わりましたが。でもシャッフルユニットでもそれは健在。バリエーションの違いが欲しいです。こんな斜めからのアングル、マジフォーちゃんにはなかった!!!!!!!!!

あとは作曲者でしょうか。マジフォーちゃんのみならず、ピタゴラスプロダクションのアイドル(マジフォー、ラグポ、ユニコ)は全てMIKOTOさんが作曲しています。

対するふぉびすた(Epicurean、XYZ、SYRUP、BLACK VERRY)はそれぞれ違います。作曲者さんの違いが明確に出てます。アイドルにぴたっとハマるような違いがあります。

最近のピタドルはどれを聞いても似たような印象を持ってしまって、うーん、って感じが多かったんです。似たようなキラキラ感。似たようなピコピコ感。

アイドルとして自分たちの確立した何かを持っているっていうのはすごい武器だと思うし、大事にしていってほしい。でも変化がなけりゃ2次元アイドル戦国時代、生きていけないというのも、また事実だと思うんです。

毎年毎年アイドルがデビューしてるわけですから、そりゃそうです。

ただでさえユニゾンで歌うアイドルが多い中、ユニゾンのまま戦っていくなら曲がますます重要になってくるわけです。歌詞はただでさえ尖っているわけですから。

 

何が良いたいかっていうと、もっと違ったマジフォーちゃんも見てみたいということ。色々なことに挑戦して、色々なことを吸収して、もっとでっかいアイドルになってほしい。作曲家を変えろというわけではないけど、一枚くらい空気を換えてみるのもいいのではないかと思います。

だからこそ、アニメは変化で挑戦なわけだから、変わってほしいと思う。

WeMe!!!!は久しぶりにピンと来た曲だった。だからこそ、これから発売される、放送されるEDやカップリングのソロもそういうものであってほしいなと。

好みのことを言われたらもうどうしようもないですが。

更なる成長と発展を願って。

MARGINAL#4 第1話「星から部活(つく)るカオス理論」 感想

※ネタバレを含みますのでご注意ください。

 

2017年1月12日深夜、とうとうこの日がやってきた。

待ちに待った「MARGINAL#4」のアニメが放送される日だ。

今の私がこんなに2次ドルオタになったきっかけでもある、この「MARGINAL#4」。

応援してきて、グループでのCDは勿論、シャッフルユニット、全体曲と待ち望んでいたことが叶って、本当に喜んでいた。

そして、とうとう、アニメ化である。

 

 

実際にアニメが始まると、ライブイベント「ユニバースFES」でデビューするマジフォーちゃんの姿が。勿論そこで歌うのはデビュー曲である、「100万回の愛革命」。

100万回の愛革命(REVOLUTION)! 

100万回の愛革命(REVOLUTION)!

100万回の愛革命(REVOLUTION)!

 

 CG部分と手書き部分があって、アップはほぼ手書きだった気がする。

CG部分はもっと動けばいいのにな、と思いつつも遠目で見たときなんかは、モデルは結構激しめの動きをしていた。ツキウタなんかはライブパートは見た限りじゃほぼCGだったな、とか思ったりもすれば、少ハリは全部手書きだし。近さで言えばうたプリ的な感じですかね。要所で合った手法を使うのはいいと思う。

 

ライブが終わって裏でインタビューを受けるマジフォーちゃん。

ルイくんが以前別のグループにいたことを質問されて、少し暗くなってしまうんだけど、アトムがそこはインタビュアーを止めていて「おっ」と思いましたね。さすがにデビューしたてでその言葉づかいはどうかとも思ったけど、今を見てくれとおもうアトムの心は伝わってる。

インタビューの最中にまさかの、フェス途中でのアンコール。さすがにこれには突っ込まざるを得なかった。そんなんありかよ。

次がラグポ先輩ということだったので、できたことですが。ピタプロ主催のFESだったけれど、他のアイドルたちも来ていたのだろうか…。全体の時間がずれるのはちょっと大変そうだな、なんて現実的に考えるのはあんまよくないですね。

 

ライブイベントが終わったあとは学校パートに入ります。

この時はまだルイくんは別の学校にいて、アトム、エル、アールは3人で行動してます。見ていて疑問だったのはこの学校で男子校だったっけ?ってところ。あと芸能科的な科があるところだと思ってたけど、クラスメイトの反応を見るに、違うのかな。

デビューしたことで、人気が欲しい弱小部からのお誘いを受ける3人。やっと追手をまいた時にひらめいたのが、「学業と仕事の両立」すなわち「部活を作ること」。

仕事にてんやわんやするのではなく、青春も謳歌したいと。展開的に言えば、この設定を作ることで、学校パートを書きやすくするのかな、なんて思いつつ。ファン的にはマジフォーちゃんたちの学校生活が見れてありがたいです。

部活の名前を何にするか迷う3人は、色んな案を出すけど最終的には、マジフォーちゃんのコンセプトでもある「銀河の果てまでKissを届けるアイドル」→「宅配部」に。

でも、部活をつくるには最低人数4人が条件。今はいないルイくんが居れば、部活を作れるのに…!

アトムが学校に遅刻しそうで慌てて家を飛び出して学校へ。その途中で同じ学校の制服を着た青髪の生徒が…! ルイくんでは!?

そのあと無事に部活を作ることができたマジフォーちゃん。今後の展開も楽しみです。

 

1話のEDは、OPである「WeMe!!!!」

TVアニメ「MARGINAL#4 KISSから創造(つく)るBig Bang」OP主題歌「WeMe!!!!」

 

TVアニメ「MARGINAL#4 KISSから創造(つく)るBig Bang」OP主題歌「WeMe!!!!」

TVアニメ「MARGINAL#4 KISSから創造(つく)るBig Bang」OP主題歌「WeMe!!!!」

 

 LUI先生が振付したダンスもみれて、こっちはCGモデルは無しで手書きかな。

ダンスがかわいくて、かわいくて……! ありがとうLUI先生…!!

 

マジフォーちゃんの曲については、ちょっと色々思うことがあって

いまいち自分のツボを突かない曲が最近多かったのだけど、このWeMe!!!!に関しては、もうキラキラしたTHE アイドル! ってかんじが。もう、たまりませんね。

久々にズドンとツボを付かれました。

そしてそして、この「WeMe!!!!」をかわぎりに、隔週7枚リリースですかね。マジか。

EDが毎週かわるので、そのためです。また、EDの他にソロだったりデュエットだったりがついてるのかな…!?

ユニットやらグループやらはあったけども、ソロはずっとなくて、待望。ほんと待望。

ありがとう岩D。

7枚全部買って中に入ってるシリアルコードを全部集めると、イベントの抽選券とかになります。ぜひぜひお見逃しなく!

 

そしてアニメのファンクラブも開設されて、ED後のパスワードを公式サイトの特別ページで入力すると、音声やキャラの情報など色々公開されていくそうなので、ぜひ試してみてください。

 

そしてそして!!!

f:id:berrydol:20170113124317p:plain

待ってた~~~~!!!!!!!

もう本当単独、ありがとうございます。

アニメみてて、何度岩Dに頭下げたかわからないくらい下げました。

本当にありがとうございます。

円盤にイベントの先行優先券入るそうなので、参加される方は要チェックです。

 

詳しくは公式サイトをご覧ください!!!

marginal4-anime.com

また、音泉さんにて、「ラジオMARGINAL#4~アトムとルイのらじふぉー~」も配信されてますので、聞いてみてください!

ラジオMARGINAL#4~アトムとルイのらじふぉー~ | インターネットラジオステーション<音泉>

2016年も終わるから発売された二次ドルのCD数えてみた。

2016年も、もうあと1週間と少しで終わりになる。ということで、2016年に発売されたアイドルたちのCD+配信楽曲の数を書き出してみることにする。

なお、自分が調べたうえでの総数なので、把握できていない楽曲のCDなどがあればぜひ教えていただきたい。また、ドラマCDなど曲が入ってないCDは割愛させていただく。(シチュエーションCDとかね)

エクセルをそのまま載せてもいい気もするのだが、自分が見るためだけにまとめた部分もあるので、1月から順に書き出していく。

※現段階で配信のみのものはその旨を記載。

アイドルを掲げてるもののみ。(ex:アイドルバンド○ バンド×)

とても長いので飛ばしたい方は→2016年総枚数までジャンプする

 

1月:11枚

13日

うたの☆プリンスさまっ♪ 四ノ宮那月・一ノ瀬トキヤ・愛島セシル/ポラリス

20日

√HAPPY+SUGAR=IDOL 隼瀬みなと/Milky Star

EIGHT OF TRIANGLE/スノードーム(配信)

22日

ツキウタ。 葉月陽/Hee!Hee!Foo!Foo!

27日

EIGHT OF TRIANGLE/adagio

アイドルマスターSideM 彩/ST@RTING LINE-07

アイドルマスターSideM FRAME/ST@RTING LINE-08

あんさんぶるスターズ! Ra*bits/1st Vol.7

あんさんぶるスターズ! Trickstar/1st Vol.8

29日

ツキウタ。 如月恋・如月愛/ショコラの魔法

ツキウタ。 神無月郁・伊地崎麗奈/Yum-Yum!! Love!?

 

2月:4枚

10日

MARGINAL#4 LAGRANGE POINT/PRISONER

プリンス・オブ・ストライド ギャラクシー・スタンダード/Be My Steady

12日

ツキウタ。 Six Gravity/黒月

ツキウタ。 Procellarum/白月

 

3月:10枚

9日

MARGINAL#4 MARGINAL#4/Ⅳ AILE

16日

MARGINAL#4 UNICORN.Jr/F.A

ドリフェス! DearDream/NEW STAR EVOLUTION

23日

B-PROJECT KiLLER KiNG/キラキラスマイル

B-PROJECT THRIVE/Maybe Love

EIGHT OF TRIANGLE/THE TRIANGLE

アイ☆チュウ アイ☆チュウ/soleil

25日

ツキプロ後続 SolidS/RED

26日

アイドリッシュセブン 二階堂大和・和泉三月・六弥ナギ/ピタゴラス☆ファイター

30日

Frep/恋のワンダーランド

 

4月:12枚

6日

B-PROJECT MooNs/Brand New Star

B-PROJECT キタコレ/Misterious Kiss

13日

MARGINAL#4 WONDER CORONA/ビバ★ラ★チュ

17日

アイドリッシュセブン 和泉一織・七瀬陸/Fly away!(配信)

20日

アイドルマスターSideM 神速一魂/ST@RTING LINE-09

アイドルマスターSideM Café Parade/ST@RTING LINE-10

22日

ツキプロ後続 SOARA/花鳥風月【花】

ツキプロ後続 Growth/花鳥風月【花】

ツキプロ後続 世良里津花/花鳥風月【花】

27日

MARGINAL#4 UNICORN.Jr/UNIMATE

KING OF PRISM/Song&Soundtrack

S+h/Just A Wish

 

5月:7枚

11日

MARGINAL#4 NEBULAS/星だけが知る

アイドリッシュセブン MEZZO"/恋のかけら

25日

FRESH KISS 陸奥ソウラ/もぎたて☆レスカ!

MARGINAL#4 LAGRANGE POINT/LagjulietⅡ

アイドリズム Radish・LeX/キャラクターCD

アイドリズム MySTAR・White✝Wind/キャラクターCD

27日

ツキプロ後続 SolidS/BLACK

 

6月:10枚

8日

EIGHT OF TRIANGLE/シースルー(配信)

MARGINAL#4 my milky way/まじかるルルルル♪

22日

FORBIDDEN★STAR Epicurean/Check it Love!

FRESH KISS ルカ・ブラッド/もぎたて☆レスカ!

MARGINAL#4 MARGINAL#4/Star Cluster3

SHOW BY ROCK トライクロニカ/今夜は星空ディスコティック☆

アイドリッシュセブン Re:vale/SILVER SKY

24日

ツキプロ後続 SOARA/花鳥風月【鳥】

ツキプロ後続 Growth/花鳥風月【鳥】

ツキプロ後続 奥井翼/花鳥風月【鳥】

 

7月:8枚

7日

アイドリッシュセブン IDOLiSH7・TRIGGER/NATSU☆しようぜ!

13日

MARGINAL#4 WONDER CORONA/サマジェラ

アイドルマスターSideM DRAMATIC STARS・High×Joker/2nd ANNIVERSARY DISC 01

20日

アイ☆チュウ F∞F/creation Vol.1

アイ☆チュウ POP'NSTAR/creation Vol.2

27日

FORBIDDEN★STAR XYZ/Smile☆Glitters

アイドルマスターSideM Altessimo/ST@RTING LINE-11

アイドルマスターSideM THE 虎牙道/ST@RTING LINE-12

 

8月:13枚

10日

MARGINAL#4 NEBULAS/カナリヤ

17日

うたの☆プリンスさまっ♪ ST☆RISH・QUARTET NIGHT/Shining Dream

20日

幕末Rock 新撰組/超超絶頂★最高大全

24日

FORBIDDEN★STAR SYRUP/SWEET LABYRINTH

FRESH KISS 白鳳イクト/もぎたて☆レスカ!

アイ☆チュウ Ars/creation Vol.3

アイ☆チュウ RE:BERSERK/creation Vol.4

アイドリッシュセブン IDOLiSH7/i7

26日

ツキプロ後続 Growth/花鳥風月【風】

ツキプロ後続 村瀬大/花鳥風月【風】

ツキウタ。 Six Gravity・Procellarum/GRAVITIC-LOVE/LOVE-Lots of LOVE-

31日

アイドルマスターSideM Beit・S.E.M/2nd ANNIVERSARY DISC 02

KING OF PRISM/Music Ready Sparking!

 

9月:10枚

14日

MARGINAL#4 my milky way/カシマシLOVE

16日

ツキプロ後続 SOARA/花鳥風月【風】

18日

アイドリッシュセブン TRIGGER/Last Dimension~引き金を引くのは誰だ~(配信)

21日

アイ☆チュウ Twinkle Bell/creation Vol.5

アイ☆チュウ Lancelot/creation Vol.6

28日

FORBIDDEN★STAR BLACK VERRY/優シイ果実

あんさんぶるスターズ! UNDEAD/2nd Vol.1

あんさんぶるスターズ! 2wink/2nd Vol.2

ドリフェス! DearDream/PLEASURE FRAG/シンアイなる夢へ!

30日

ツキプロ後続 SolidS/WHITE

 

10月:13枚

5日

アイドルマスターSideM Jupiter・W/2nd ANNIVERSARY DISC 03

うたの☆プリンスさまっ♪ ST☆RISH/マジLOVEレジェンドスター

8日

EIGHT OF TRIANGLE/zipper(配信)

19日

アイ☆チュウ I♡B/creation Vol.7

アイ☆チュウ 天上天下/creation Vol.8

26日

FORBIDDEN★STAR Epicurean/Dream on Stage!

アイドルマスターSideM もふもふえん/ST@RTING LINE-13

アイドルマスターSideM F-LAGS/ST@RTING LINE-14

アイドルマスターSideM Legenders/ST@RTING LINE-15

あんさんぶるスターズ! Knights/2nd Vol.3

あんさんぶるスターズ! 紅月/2nd Vol.4

うたの☆プリンスさまっ♪ 一ノ瀬トキヤ・鳳瑛二/Mighty Aura

28日

ツキプロ後続 QUELL/BELIEVER-祈り-

 

11月:21枚

2日

うたの☆プリンスさまっ♪ 来栖翔・日向大和/JUSTICE IMPULSE

ドリフェス! DearDream/Welcome To D-Four Production

5日

アイドリッシュセブン 八乙女楽・二階堂大和・和泉三月・六弥ナギ/男子タルモノ!~MATSURI~(配信)

Frep/告白To→Chu

9日

SHOW BY ROCK トライクロニカVo.愁/Cadenza

うたの☆プリンスさまっ♪ 愛島セシル・天草シオン/Visible Elf

12日

アイドリッシュセブン 十龍之介・四葉環・逢坂壮五/LOVE&GAME(配信)

16日

SHOW BY ROCK トライクロニカ/胸騒ぎJust☆Paradise

アイドルマスターSideM 天道輝・山下次郎・猫柳キリオ・アスラン=ベルゼビュートⅡ世・橘志狼/ORIGIN@L PIECES 01

うたの☆プリンスさまっ♪ 神宮寺レン・桐生院ヴァン/Lovely Eyes

19日

アイドリッシュセブン 九条天・七瀬陸・和泉一織/フレフレ!青春賛歌(配信)

23日

FORBIDDEN★STAR XYZ/Lovely Baby

あんさんぶるスターズ! 流星隊/2nd Vol.5

あんさんぶるスターズ! Ra*bits/2nd Vol.6

うたの☆プリンスさまっ♪ 四ノ宮那月・帝ナギ/Grown empathy

ドリフェス! KUROFUNE/ARRIVAL-KUROFUNE Sail Away-/君はミ・アモール

25日

ツキプロ後続 SOARA/花鳥風月【月】

ツキプロ後続 Growth/花鳥風月【月】

ツキプロ後続 篁志季/花鳥風月【月】

30日

うたの☆プリンスさまっ♪ 聖川真斗・皇綺羅/Lasting Oneness

S+h/Pied Piper@IC301

 

12月:12枚

7日

うたの☆プリンスさまっ♪ 一十木音也・鳳瑛一/NEXT DOOR

14日

アイドリッシュセブン Re:vale/TO MY DEAREST(配信)

21日

B-PROJECT B-PROJECT/無敵*デンジャラス

B-PROJECT KiLLER KiNG/Hungry Wolf

アイドルマスターSideM 鷹城恭二・華村翔真・木村龍・神楽麗・秋月涼/ORIGIN@L PIECES 02

あんさんぶるスターズ! Valkyrie/2nd Vol.7

あんさんぶるスターズ! Switch/2nd Vol.8

うたの☆プリンスさまっ♪ QUARTET NIGHT/God's S.T.A.R.

もふドル No Limits/Melody Of Fantasy-エガオのチカラ-

24日

EIGHT OF TRIANGLE/épice

28日

FORBIDDEN★STAR SYRUP/KIRAKIRA CIDER HOLIC

うたの☆プリンスさまっ♪ HE★VENS/不滅のインフェルノ

 

総数:131枚(配信を含む)

 

発売予定のものも含めると、今年1年はざっとこんな感じです。

すっ飛ばさないで読んでいただいた方は、懐かしいと思う曲もあるんじゃあないでしょうか。

1月とか、まだMマスのSLシリーズ終わってませんね。なんなら1stLIVE終わってひと月しか経ってない頃ですね。

月に4枚~21枚とばらつきがありますが、去年のと合わせて考えていったら発売月の傾向なんかもわかってくるのかもしれません。

それにしても11月はいろんなアイドルが、こぞって新曲を出してます。こうやってまとめてみると、改めて大量に出てるな、と感じます。

そして早いアイドルは、もう4月くらいまで発売日が決まってます。1月から4月で今のところ15枚くらい。ツキプロ後続は発表されてますが、発売日が未定なので6枚以上のを年間で分けて発売するのかと思われます。ALIVEもSQも2ヶ月に1枚ずつのペースかなあと。

あとこの総数は楽曲だけで、DVD/BDは含んでいないということ。ドラマCDシチュエーションCD/DVD/BDを含んだらもっともっと増えます。

世の掛け持ちドルオタさんの財布はどうなっているのだろう……。

声優さんも被ってる方は多々いますから、声優さんで追ってる人も大変大変。でも推しだけ買うと思えば結構安いのでは? とも思ってしまいます。

今年は大量にCD買ったなあと思っていましたが、総数見たら全然まだまだということがわかったので、15年分と合わせてぼちぼち集めていきたいと思います。

 ア イ ド ル 最 高

2次元男性アイドル戦国時代


2次元アイドルが好きで、とりわけ男性アイドルが好きだ。

昨今ものすごい勢いで増える男性アイドルは、まさに戦国時代到来といってもいいだろうし、現にそうなっている。

世はまさに2次元男性アイドル戦国時代。

卒論で使うため、曲のCD発売日などもまとめていたのだけど、本当に数がヤバい。

語彙力が無さすぎる文章が続くが、本当にヤバい。エクセル眺めるのも割としんどい。


どれほどやばいのかと言うことを、2016年に発売した、発売予定のCDを全部書いていこうと思う。(次の記事から)


2次元男性アイドル戦国時代の幕開けは、スマホゲームアプリの台頭である。続々リリースされ出した、「あんさんぶるスターズ!」「アイ☆チュウ」「アイドリッシュセブン」などなど。

2015年にこれらのゲームが一気にリリースされたことが1つ。

他にもツキノ芸能プロダクションからはSolidSやSOARA、GrowthなどなどがCDを発売し始める。FIN∞からはS+hも、たしかCDデビューは2015年のはず。

スマホゲームアプリ以外にも、こういった音源がメインのアイドルも立て続けにデビュー、CDを発売した。


この2つの要因が戦国時代の幕開けだと思う。

戦国時代幕開け 2015

2016年も、もう終わるころだがまだまだ戦国時代は終わらない。

今までの歴史を振り返りつつ、今後この2次元男性アイドルたちがどんな風になっていくのかの予想もたてて考えていきたい。


ようは、2次元男性アイドルについて思ったことを脈絡もなく書いていくだけである。

そんな感じで始めたブログである。


2017年もまだまだアイドル応援するゾ。