読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイドルに光あれ!

2次元・3次元のアイドルへの思ったことを書くだけです

アイドルマスターSideM 2ndLIVEにいった感想。【Shining Side】

SideM

2ndLIVEから1週間経ってようやく落ち着いてきたので、記憶ぶっとんでるけど、セトリ順に聞いて色々思い出しながら感想を書いていこうと思います。記憶もなければ語彙力もないです。というかレポとか書いてるPさんたちの記憶力本当すごい。ほぼない。

1日目は2つある担当のうちの1つ、F-LAGSがでます。リリイベとかこまめに行けないので、生で見ることに賭けてました。

SideMの現場は1回目のドラマチックミーティング(公録)で、その時はもう一つの担当であるBeitが、恭二が不在で全員そろってなかったんです。忙しいから仕方ないのだけど。それ以降はLVから見守っていたわけです。

だから、初めて担当全員が揃ってステージに立っているのを生で見られるわけです。

いつもMマスの現場だとチンパンイベンターみたいな感じで、大閃光折ってバルログしてるようなPなんですけど、今回は地蔵Pになろうと思って光物一切持って行かなかったです。担当推しタオル引っ提げていきました。

 

Beyond The Dream

もうすでに記憶がないですが、とりあえず担当が歌ってるのはわかりました。もうステージがキラキラしてるんですよね。「ハートをつれだして」の所、振付でハートかいてて可愛いなあと思いながら\みんなのイエロー!/してました。

あとやっぱりF-LAGSが歌ってるの見ると、それだけでもう泣けてくる。先生が、涼ちんが、大吾がステージに立ってみんなと一緒に歌って踊ってる。それだけでもう泣けてきました。

 

DRAMATIC STARS

STARLIGHT CELEBRATE!

何度も聞いた曲。私のSideMはJupiterとドラスタの曲を試聴で聞いたところから始まったんだ。本来ならUOなり大閃光なり折るところを、手の振りだけでにしてました。でもイベンターだった。地蔵Pの面影なんてなかった。

やっぱりSideMのセンターはドラスタやん……て思うような凄いステージ。なんか、なんかもうユニット1発目にブチ上がるって感じで、ライブのテンション引っ張り上げてくれた気がする。

THE FIRST STAR

ソロはどうせ来ないだろう~~~と思ってたワイP、ソロの流れにめんたまが飛び出そうになった。実を言うとオリピは全体的にそこまで聞いてなくて、聞いてるやつと聞いてない曲の差が尋常じゃなかったりする。これほどまで予習してないのを後悔した日はないと思った。予習って大事ね。

そして天道輝からはじまるこの。てんてるが一番星を目指すように、明るく光り輝くたびに、その輝きに元気をもらってるよ、って思いながら聞いてました。どセンターの眩しさは違うな。あとダンスがスゴかった。益山さんもちばしょーも、Da値やばいし、しゅうごもDa値やばいからもうダンスが、みんな赤って感じのダンス。伝われ。

Because

イントロ、青、正面が真っ二つに割れてその間から桜庭薫が歩いてきた。知り合いの内田雄馬推しPのことを思い出して気絶してないだろうかと心配になった。

歌唱はさすがです。すげえ、すげえ。しかでない。圧倒される。あのくろーくんで鎮まった心が、静かなんだけども熱い思い的な。静かなんだけど内側がものっすごい熱い固まりがあった。

DRAMATIC NONFICTION

ここから衣装チェンジしたかな?

イントロのデーデーデーッデレレッみたいなところで、柏木翼のターンが来るたび敬礼をしている私です。CD音源以上のものを聞かせるドラスタ君にも敬礼。歌とダンスと凄すぎる。歌うたびにパワーアップしてそうで怖い。

MOONNIGHTのせいにして

よくわからなかった。各所で大閃光やらUOが折られてた。もう何も覚えてない。奪われた。軽率にホイホイしそうになった。

 

FRAME

勇敢なるキミへ

コールしてたのは覚えてる。手でサイリウムと同じような振りをしてたのも覚えている。\FRAME/したのも覚えてる。ただ、現地で見るからにはどんなに遠くてもビジョン?モニター?じゃなくて、本人を見ようと思ってたから、ほぼほぼスクリーンは見ていなかった。表情とかほぼ覚えてない。動きが凄かったのはわかる。

あと増元さんの腹の底に響き渡る低音すこ。

Happy-Go-Unlucky!

龍くんがめちゃくちゃ笑顔だったことは覚えてる。あとすげえ元気だなって思った。これも聞いてないの後悔した。バックダンサーの麗さんが可愛かったのを覚えてる。

MISSION is ピースフル!

トロッコ。トロッコ!?ってなったよ。ジャケ写……再現ありがとう……。

パンケーキィボイスすごかった。めちゃ甘だよ。そしてボール投げてたよ。アイドルかよ……。アイドル見に来てるのに、アイドルってことをしばしば忘れてるんだよね。

信玄さんの投げたボール、手に当たったんだよ。つかめなかったんだよ。身長が高ければ取れたのに。自分の身長を恨んだ。今後もFRAMEの話が身内で出るたびに思い出しそうで悲しい。

ニチアサ感満載。ファンサの鬼。笑顔見れました。すごいキラキラしてた。

 

F-LAGS

夢色VOYAGER

曲が始まる前に汽笛が鳴って、その時点でF-LAGSが来るって気づいたし、なんなら「1stのS.E.Mのチャイムみたいに汽笛鳴らすでしょww」なんて言ってたから、本当に鳴ると思わなくて、連れの友人に「ヤバイ、ヤバイ、担当来る」ってずっと言ってた。もはや独り言みたいに繰り返してた。

3人が現れて出航したとき、もう感情がぶわってでてきた。涼ちんの歌が聴こえてくる。知らない間に元気もらってるのはこっちやで……。

BE HAPPYした。

1番歌い終わった段階でもう涙腺は決壊寸前なのに、涼ちんの「こころは正直さ~」九十九先生の「なのにね厄介だ/仮面をかぶって」のところでもう、P、大号泣です。無理。そして追い打ちかけるように大吾の「本当の僕を隠していた」でもうタオルでひたすら涙拭いてる。泣くような悲しい曲じゃないのにね。

F-LAGSに出会えたことで、間違いなく私の毎日はトキメキに満ちてる。間違いない。

With...STORY

「諦めないよ」この第一声で私の涙腺はまたしても崩壊した。

F-LAGSの物語は、まさにここから始まるんだなって感じで聞いてました。

3人がそれぞれのパートを歌うたびに涙がボロボロ出てきて、ステージが見れない。

トリコロール作るって知ってたけど、光る棒買わなかったP、現地にいたのにトリコロール参加できず。というか涙でもう会場がトリコロールで綺麗とか思ってる余裕なかった。3人が喜んでるとか、これからも頑張ろうとか色んな思いが巡ってつらかった。

 

Altessimo

The 1st Movement~未来のための二重奏~

アルテ曲って、初めて聞いたときからどうなるんだろうと思ってたけど、間違いない。これは地蔵曲である。

サイリウム持っていなくても手を振ってたのに、完全にアルテの曲は2曲とも地蔵Pだった。もう棒立ちよ。歌唱で圧倒される。2階席だったのにビリビリくる。なんか神々しくてすごかった。故に記憶がない。

Never end「Opus」

上でも言ったように、アルテは地蔵曲なんです。棒立ちでした。

二人の圧倒的歌唱力と2人の圧がビリビリくるの。マジで。特に都築さん。これはVo値振り切れててもおかしくない。

「なぐさめあえる人じゃなくて」からはじまる二人の掛け合いの歌が、本当にすごい。次のワードに行く度に熱さが増していく。アルテってもっと神々しくて爽やかに涼しげに歌ってるイメージだったから、こんな熱いのかと。驚きました。

 

Legenders

Legasy of Spirit

聴聞いたときから今までのMマス曲と毛色違い過ぎじゃない!? かっこいいかよ!!とか言ってたわけなんですけども、生歌やばい。

イントロのティーティーティーティロリティロリーみたいなところが好き過ぎて頭振ってました。

雨彦推しのP、推しがステージ上で歌っててびっくりしたよ。雨彦がステージに居るよって。ステージで歌って踊ってるよ。って。F-LAGSのをいまだに引きずってて記憶が曖昧で本当に覚えていない。

String of Fate

これ、注目するべきは腰ですよ。まぁ見た方はわかると思うんですけど。雨彦の腰くっそエロいな、と思いながら見てたんです。その次に想楽くんに目をやったわけです。もうね!エロさじゃないんだ。想楽くんの腰、完全にアイドルのそれですよ!いやみんなアイドルなんだけどさ!動きがアイドルなんですよ!

「う、うわ~~~~!!!!アイドルだ!!!!!!!」

だったよ。あれは間違いなくレジェのセンター北村想楽だった。

 

神速一魂

俺たちの最強伝説~一世一代、破羅駄威棲!~

ここらへんから気を持ち直した。コールで楽しんだ曲だった。ライブバージョン楽しい。\グッスマ!/でブチ上がったからクソイベンターの血は残ってた。グーで手振ってた。これはゴリラになるしかねえと思って、黄色い歓声というよりかはオイオイオスオスいってた。必殺技、めっちゃかっこいいッス……。

バーニン・クールで輝いて

神速の曲はコールが楽しいな~~~~!泣いてたのも気持ちの切り替えにすごいいい。テンション上がるし気持ちもブチ上がるし、コール曲楽しい。

あと神速だけ手をグーにして振ってしまう。朱雀も玄武もめちゃかっこいいんだよなあ。

神速P、特攻服刺しゅう入りでめっちゃかっこよかったよ。凄いです。

 

和風堂々!~WAnderful NIPPON!~

これまたコールが楽しい。

セイッセイッのところとか、一緒に振付踊ってた。サイリウム持ってないと楽に振付一緒にできるな、と思うし、色の切り替えとかポッケやバッグから取り出すときステージから目を離さずに済むと思った。楽しいです。

山下大輝プロすごい。にゃんす以外の翔真さんもくろーくんも、CDよりパワーアップしてたよね?凄い。あとアイメイク入ってたかな。似合うなあと。お面もあったよね。凄いなあって。さっきまでオラオラ言ってたのが一気に彩一色になった。

ぴんとこな~蝶よ華よ~

申し訳ないんだけども、そこまで聞きこまなかった曲。ガッツリ聞くのはライブが初めてくらいの勢い。本当申し訳なかった。ソロに圧倒された。翔真さんもといバレちゃんめっちゃ綺麗だなあって思いながら聞いてた。

だいぶ・いんとぅ・にゅ~・わあるど!

山下大輝プロ……。キリオの特技の形態模写を取り入れるために、みんなのソロの動きだったかな。入れようと思いつく山下プロ本当すごい……。

あとコールがてんつくてんつく凄かった。後ろの方は彩Pか予習してきたPさんだったか、めっちゃコールすごかった。愛のこもったコールされてた。

流るゝ風の如く~和敬清寂~

始まった瞬間、綾鷹が飲みたくなった。

バックダンサーが居ない、ガチソロでくろーくん頑張れ、と思ったのは私だけではないはず。堂々としていて、動きが優雅で、綺麗だった。翔真さんもそうだけど、美しいなと感じながら彩は聞いていた。心が浄化された気がした。

喝彩!~花鳥風月~

彩は振付が楽しいね。コピりたくなる振付です。

「花と舞え~」あたりのところとかワッショイのところとか、振りがわかりやすくてありがたい。ムンナイで奪われた後で、穏やかな気持ちになりました。彩には心を穏やかにする性質があるのだろうか。

 

High×Joker

JOKERオールマイティ

こっちか~~と思いながらタオルを取り出して振りまくる。6月に行われたチアリングの時はLVで、その時もタオル回してたけど控えめに。でも今回はせっかく現地だし、と思って遠慮なくタオル回した。こういう曲はもれなくイベンターの血が騒ぐ。

タオル回しとコールとクラップと、1曲でいっぱい盛り上がれる素晴らしい曲だと思う。しかも5人だから数的な熱量が凄い。熱い。

サイコーCOUNT UP!

まさかのバックダンサー増元さん。笑顔大好きなのでブチ上がりました。

そしてのがみんまじ伊瀬谷四季……。四季も可愛いし、バックダンサーの3人も可愛いし、なんだこのみんな可愛い空間は!!

めっちゃいい曲だし予習してなかったの勿体ない1曲。

OUR SONG-それは世界でひとつだけ-

サビの振付が可愛かったのを覚えてる。あとスタンドマイクでしたね。あの振付のためのスタンドマイクかと思うといい。F-LAGSの後で涙がやばかった。引きずって上手く聞けなかった。

HIGH JUMP NO LIMIT

何度も聞いただけにダンスとかも余裕もって見れたのではないだろうか。(サイリウム振ってないし)

やっぱりハイジョだわ~と謎の再確認してました。皆の表情とか覚えてないなって思うのは、スクリーン見てないからだなと思い返した。

夜空を煌めく星のように

総勢8人という大所帯はやはり迫力がありますね。好きな曲だけにすごかったのに、曲を聞きなおしても記憶がまるでなくて飛んでる。故に感想が出てこない。私の意識あったのかな。

 

DRIVE A LIVE/Beyond The Dream

あ~~~これこれ!って感じで落ち着く感じです。赤文字で「実家のような安心感」って出したいくらい落ち着く感じ。コールも入れて、そんでもってそろそろ終わるんだなあって思いもあって。半分の人数だったけど、本当に嬉しかった。315プロ集まったなあと。

終わりのビヨドリはひたすら手を振ってコールして、って感じでした。

 

感想部分、記憶がないから覚えてるところしか感想が出ないのだけど、やっぱり旗と偉人。三瓶さんが、SideMに来ない未来もあったんだろうな、という口ぶりで、でも、それでもSideMを選んで涼ちんを続投してくれたことに心から感謝した。

最初は三瓶さんに続投してもらいたい気持ちと、男性ばかりのSideMに女性が入ることによって、この男子の集まりの空気感が変わらないかなって思ってた。もうそんな次元じゃなかったんだ。そんなこと考えてた自分を、今ならぶん殴るね。

三瓶さんが涼ちんを続けてくれて本当によかった。重みが違った。F-LAGSの担当をしていて良かったと、そしてこれからもよろしくお願いします。という気持ちだった。

Legendersは笠間さんの言葉に、旗で出てきた涙がまたどばどばあふれた。

追加ユニットで受け入れてもらえるかどうか怖かったって言ってて、雨彦来てくれてありがとうだったし、自分が選んだアイドルを受け入れないわけがないんだよね。

笠間さんの言葉選びは、発表の時からもうツボだったのだけど、本当に雨彦を演じてくれてありがとうございます。お前さん、これからも頑張るよ……。

「雨彦掃除してーーーーー!!!!!!!!!」

 

本当に記憶がないです。1日経っても1週間経っても記憶がないです。記憶を思い返せないので、何らかの力が働いてセカライのBD明日には発売しないかな。

担当と推しと声優の推しが集まりまくったBrilliant Sideは後日また感想あげます。本当にこの2日間は世界で一番楽しいお仕事だったに違いない。プロデューサー、仕事楽しいからこれからも営業頑張ります。